Excel

【Excel】エクセルでのグリッド線の設定(薄い線:枠線:メモリ線)を出す方法【升目が消えた原因】

当サイトでは記事内に広告を含みます。
この記事では、エクセルでのグリッド線の設定(薄い線:枠線:メモリ線)を出す方法【升目が消えた原因】ついて解説していきます。

これらの処理としては、主に

・[表示]タブ→[表示]→目盛線のチェックを付ける

・セルが塗りつぶしになっていないか確認し、「塗りつぶしなし」に変更する

・セルの罫線の色が「白色」になっていないか確認し、色の変更もしくは、「罫線なし」に変更する

以上を使うと、消えたグリッド線の設定を出すことができます。

 

では、サンプルを見ていきましょう。

 

 

エクセルでのグリッド線の設定(薄い線:枠線:メモリ線)を出す方法1【目盛線が非表示の場合】

 

シート上のすべてのグリッド線が消えてしまっている場合、[目盛線]の表示設定自体がオフになっている可能性が考えられます

その場合は、表示タブの[目盛線]にチェックが入っているかどうかを確認しましょう。

 

まず、①[表示]タブ→②[表示]→[目盛線]のチェックが外れていないか確認をします。

 

チェックが入っていない場合は、「目盛線」を左クリックし、チェックを入れます。

 

以上で、グリッド線が表示することができました。

 

 

エクセルでのグリッド線の設定(薄い線:枠線:メモリ線)を出す方法2【セルが塗りつぶしされている場合】

 

シート上の一部のグリッド線が消えてしまっている場合、セルが塗りつぶしされている可能性が考えられます。

その場合は、[ホーム]タブからセルの塗りつぶしされていないかどうかを確認しましょう。

 

まず、セルB2を選択します。

 

次に、①[ホーム]タブ→②[塗りつぶしの色]の▼を選択します。

 

サンプルは、セルが「白色」で塗りつぶしされていたので、「塗りつぶしなし」へ変更します。

 

これで、セルB2にグリッド線が表示されました。

次に、B3:B4も同様にセルの色を「塗りつぶしなし」へ変更します。