JIN Demo Site 11
真の使いやすさを追求した
WPテーマ『JIN』
Excel

【Excel】エクセルにて01や001や0001と先頭の0を表示させる方法と表示させない方法【01と1の変換:0が消える場合】

この記事では「エクセルにて01や001や0001と先頭の0を表示させる方法(0が消えるのを解消)と表示させない方法(01と1の変換など)」について解説していきます。

先頭の0を表示させる処置としては

・書式設定のユーザー定義を変更する

・文字列として処理

・シングルコーテーションを先頭に加える

を使うと良く、逆に0を表示したくないケースであれば、上とは逆の操作を行えばいいわけです。

それでは実際のサンプルを用いて、処理方法を見ていきましょう。

なお、近い内容の動画は以下の通りのため、併せて確認するといいでしょう。

 

エクセルにて01と表示(先頭の0を表示)する方法【0が消える】

エクセルのデフォルト設定であれば基本的に、01などの先頭の0が貼った数値を入れるとこの0が消えてしまいますよね。

以下が01と入力中の画面ですが・・・

ENTERにて決定すると、以下のよう01が1に変換されてしまうのです。

ここで0を表示したままにしたいのであれば、01などと表示したいセル範囲を選択した上で、右クリック、セルの書式設定を選ぶといいです

表示されるウィンドウにて、表示形式、ユーザー定義と選び、種類の窓に「00」と入力するといいです。

OKとすると、先頭の0が表示されました(0が消える問題の解消)

続いて、2と打てば02、3と打てば03などと先頭に0が自動で追加されますので、記入してみてください。

 

 

エクセルにて001と表示する方法【0を表示させる】

さらには、エクセルにて01ではなく、001などと記載したケースもあるでしょう。

この場合でも上述のよう、セルの書式設定におけるユーザー定義での設定を変えるだけでいいです。

具体的には、ユーザー定義における記載を「000」とすればOKですね、

OKにて001への変換を確定させましょう。

これで、エクセルでの001といった0の表示が完了となります。

 

 

 

エクセルにて0001と表示する方法【0が消えるのを防ぐ方法】

同様に、エクセルにて001ではなく、0001などと記載したい場合もあることと思います

この場合でも上述のよう、セルの書式設定におけるユーザー定義での設定を変えるだけでいいです。

具体的には、ユーザー定義における記載を「0000」とすればOKですね、

 

OKにて0001への変換を確定させましょう。

これで、エクセルでの0001といった0の表示が完了となります。

 

エクセルにて先頭の0を消す方法

なお、エクセルにて先頭の0を消したいケースもあるでしょう。

このような場合では、単純に上の操作の逆を行うだけでOKです。

具体的にはユーザー定義の書式設定にしていた場合では、これを「標準」「数値」など指定しなおすといいです。

処理を確定すれば、以下のよう0が消え、1や2などと変換できました。

 

まとめ エクセルにて先頭の0を消す方法や0を表示させる方法

この記事ではエクセルにて01や001や0001と先頭の0を表示させる方法(0が消えるのを解消)と表示させない方法(01と1の変換など)」について解説しました。

エクセルでのさまざまな処理を理解し、業務に役立てていきましょう。