JIN Demo Site 11
真の使いやすさを追求した
WPテーマ『JIN』
生活全般

美容院が久しぶりで気まずい場合の対策は?

昔行きつけだった美容院があったものの、ある時を境に別の美容院に行き始め、元の美容院にはほとんど行かなくなってしまった・・という経験を持っている人は多いです。

ただ、ある程度期間が経ったときに「もう一度前の美容院に行ってみたいかも」と久しぶりに思うケースもよくあります。

しかし、このように元の美容院に久しぶりに行くのは少し気まずい・・と思ってしまうものですが、

ただマイナーなツアーとなると、友人・知人を誘うことも出来ず、1人で参加するような状況となることもあるでしょう。

このようなツアーに一人で参加する状況では気まずい・・感じることが多いものですが、以下でこのシチュエーションを実際に体験した方々にその解決策を伺ってきましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

美容院が久しぶりで気まずい場合の対策1

それでは以下で30代女性から美容院が久しぶりで気まずい場合の状況とその打開策について紹介していきます。

私が美容院が久しぶりで気まずい・・と感じた場合の詳細と対応方法は以下の通りです。

よく行ってた美容室があるですが、途中別の美容院が気に入ってしまったこともあり、3・4年空けて行く事になりました。この際に、大分気まずい思いをしました。

それまでは2ヶ月に1度の頻度で行っていたし、何十年と通っていたので、顔も覚えてくれていました。いつも担当していてくれた方もいて、実際にその方が対応してくれたのですが、最初本当に気まず過ぎて、シーンとしてました。

なにか喋らなきゃとは思うものの出てこず…。向こうも何を話せばいいのか、手探りしてる感じでした。どうしようか、頭の中で会話になりそうな事を考えても出てこなかったので、あえて「長い間来れなくてすみません」と言いました。

そしたら向こうも「どうしてたんかな?と思ってた」と言ってくれて、そこから徐々に以前の様に話が弾みました。

以前よりも会ってない分近況報告も出来、友人と話してるような気分でした。変に気まずいと思ってしまいましたが、案外そのままの気持ちで喋ったらいいんだなと思いました。

そのため、これから久しぶりの美容院に行くのが気まずいと思っている方であれば、それほど気にせずに行ってみて、思っていることをそのまま話してみるのがおすすめです!

 

美容院が久しぶりで気まずい場合の対策2

それでは以下で20代女性から美容院が久しぶりで気まずい場合の状況とその打開策について紹介していきます。

私が美容院が久しぶりで気まずい・・と感じた場合の詳細と対応方法は以下の通りです。

私は8年間、同じ美容院の、女性の担当さん指名で施術をお願いしているのですが、1度だけ他の美容師さんへ施術をしてもらったことがあります。

具体的には、いつものように美容院へ向かう途中で、30代くらいの男女2人組に声をかけられましたのがきっかけです。「明日ヘアーカットのセミナーがあり、でカットモデルを探している」という。美容師さんを変えたことのない私は、担当以外のカットの怖さがあり、お断りすると、「受けてくれたら無料でオシャレにするよ」と誘惑が。

あ、そうか、無料で切ってもらえるのか、それならぜひ、とあっさりと心変わりしカットモデルを受けたのでした。

しかし、後になり別の美容師さんの施術を受けてしまった後ろめたさが襲いました。

次回いつもの美容院へ行くと、とても気まずくて、悪いことをしてしまったのを隠すように、「聞かれてもない言い訳をまくしたてている」と、担当さんは髪を見て「上手い美容師さんだったね」と言ったのです。

なんて器がでかい人だ、この人についていこう!と心に誓いました。

久しぶりとは少し違った話になってしまいますが、結局のところは気にせずに行きたい美容院に行くのが大切と思います。

 

美容院が久しぶりで気まずい場合の対策3

それでは以下で40代女性から美容院が久しぶりで気まずい場合の状況とその打開策について紹介していきます。

私が美容院が久しぶりで気まずい・・と感じた場合の詳細と対応方法は以下の通りです。

私はロングヘアで、定期的に髪を染め、パーマをかけています。5年くらいずっと同じ美容室に通って施術してもらっていたのですが、ふと別の美容室に行きたくなり、そこでパーマをかけてもらいました。

数カ月後に、髪を染めるためにまた元の美容室に行ったのですが、鏡の前に座ると担当の美容師さんがカルテを見てしばらく考えこんでいます。

やっぱり他の美容院に行ったのがバレたかなとドキドキしていると、美容師さんは私の髪を触りながら「パーマかけたの随分前だけど、まだこんなにもってますね」と言いました。

恐れていたとおり気まずい雰囲気になり、そこで私は咄嗟に「そうなんです、私すごい癖毛で、パーマとれにくいのと、自分の癖とパーマが混ざっちゃうみたいなんです!」と言ってしまいました。

相手は髪のプロですから、嘘をついても無駄かなと思ったのですが、案外そうでもなくて、「そうなんですね、なんかおトクですね」とニコニコしていました。本当は気付いていたのかもしれませんが、とりあえずは気まずい空気から抜け出せました。

いずれにせよ、相手との相性が良ければ今回のように、気まずい状況もすぐに解消できますし、もしこのような状況で「合わない」と感じたのであれば、別の美容室を探せばいいだけなので、気にしないのが大切と思います!

 

美容院が久しぶりで気まずい場合の対策4

それでは以下で20代女性から美容院が久しぶりで気まずい場合の状況とその打開策について紹介していきます。

私が美容院が久しぶりで気まずい・・と感じた場合の詳細と対応方法は以下の通りです。

近場に新しく美容院ができて、新規の割引があって行ったり、より安い別のところに行ったりしていて、もともと通っていた美容院に1年ぶりに行くことになりました。

美容師さんに「久しぶりだね」と言われて焦る&きまずい・・と思ったけど、素直に

・新しくできたあそこに行ってみて〜と話したり、

・けどやっぱりここがいいなと思って帰ってきました!

とノリと勢いで話したら乗り越えられることができました。

その後は世間話をしたり他の話題も話していって、気まずさは始めだけでしたね。

美容師さんもコミュニケーション能力が高いのでいろんな話をしていくうちにあっという間に時間も過ぎていくので問題なかったです。

終わったあともやっぱりここできるのが一番しっくりします〜。と本音を伝えることによって、結局はとても気持ちよく過ごすことができました。

久しぶりに行くことを変に考えず、思っていることをそのまま素直に伝えれば、相性にいい方であれば自然とうまくいくことでしょう。

 

美容院が久しぶりで気まずい場合の対策5

それでは以下で40代男性から美容院が久しぶりで気まずい場合の状況とその打開策について紹介していきます。

自分の経験上、「気まずい」は案外自身の主観のみが感じていることが多いということ。

自分も今まで通っていた美容院を一度やめて、他の1000円カットに通っていた時期があった。

そしてまた以前の美容院に戻った時、自分も同じように気まずい感情が出てきたが、今までのことは気にしてませんという雰囲気で「普通」に振舞ったら、問題なく美容院のお兄さんと話すことができた。

もちろん「最近全然来なかったけれど、どうしました?」と聞かれたが、そこで気まずい雰囲気を見せてはいけない。

適当な嘘の理由を言ってもいいけど、堂々と「家の近くに1000円カットができて何回か通ってみたんだけど、やっぱり1000円はあの程度なんだよね。ちゃんと美容院に通った方がいいと実感したよ」と本音で言えば、相手を褒めることにもなるため気まずくはならない。

そもそも気まずいのは美容院に行く自分であって、来てくれる美容院側が気まずくなるのはおかしい。

むしろ客に対して「気まずくないんですか?」という雰囲気なら、もう2度通う必要はないだろう。