生活全般

55センチはどのくらい?56センチはどれくらい【55cmや56cm】

当サイトでは記事内に広告を含みます。

生活している中でよく「この長さは実際にどのくらいなの?」と疑問に思うことがありますよね。

代表的な数値として「55センチ(cm)や56センチ(cm)」がありますが、これらがどれくらいの長さなのか?イメージ付きますでしょうか。

ここでは、身近な物や手・指などのさっと測れるものに例えて、上の長さについて解説していきますので、参考にしてみてください♪

55cmや56cmはどれくらい?【55センチや56センチ】

それでは55センチや56センチがどのくらいか?について思いつくもの・調べたものを挙げていきます。

なお、ここに記載のもの以外でおすすめの55cm、56cmあたりの物や例えがある人は、ぜひコメント欄より教えてくださいね。

 

千円札の長辺部3枚+10円玉2枚+500円玉2枚で55cm

具体的な内訳としては

・千円札の長辺部:15.0cm
・10円玉の直径:2.35cm
・550円玉の直径:2.65cm

であり、これらの各紙幣、硬貨を上の枚数並べると合計が55cmとなるのです。

なお、千円札の長手方向の寸法は

・五千円札の長辺部:15.6cm
・1万円札の長辺部:16.0cm

とだいたい同じのため、一部を代用するのもあり。

千円札の長辺部2枚+1万円札1枚+10円玉2枚+500円玉2枚で56cm

具体的な内訳としては

・千円札の長辺部:15.0cm
・1万円札の長辺部:16.0cm
・10円玉の直径:2.35cm
・550円玉の直径:2.65cm

これらの各紙幣、硬貨を上の枚数並べると合計が56cmとなるのです。

10円玉11枚+500円玉11枚で55cm

多くの人は普段から10円玉、500円玉を持っている場合は多いと思います。

実はこれら10円玉11枚、550円玉11枚を並べると、55cmぴったりとなります。

具体的な内訳としては

・10円玉の直径:2.35cm
・550円玉の直径:2.65cm

であり、各硬貨を上の枚数並べると合計が55cmとなるのです。

適宜お札を組み合わせてもOK。

 

一般的な名刺での長辺部+1円玉23枚は55.1cm

基本的に日本では名刺のサイズは5.5cm×9.1cmのものがほとんどです。さらに1円玉1枚は上のよう2cm。

つまり名刺を持っている人は、その長辺部+1円玉23枚を併せて計測すると55.1cmと約55cmとなっているわけです。

ビジネスマンであれば常に持っていると思うので55cm、56cmの計測におすすめです。

 

B3の長辺部かB2の短辺部+10円玉1枚+500円玉1枚は56.5cm

B3サイズは、36.4×51.5cmと決まっています。同様に、B2サイズ51.5cm×72.8cmです。

B3用紙の短辺部、もしくは、B2用紙の長辺部に「10円玉1枚+500円玉1枚」は56.5cmなのです。

 

1円玉28枚で56cm

上で1円玉の直径が2センチと記載しましたが、これを28枚並べれば56cm丁度を作ることができるのです。

28× 2 =56cmとなるわけですね。

22インチのパソコンやモニターの対角線の長さは55.88cm

22インチのパソコンやモニターの対角線長さも55.88センチとおおよそ55cm~56cm程度ですね。

 

22インチの大きさは何センチか?1/22インチは?ノートパソコン、タブレット・カーオーディオ・モニター・カーナビ・タイヤホイール・デニム・ズボン・ウエストなど【長さや円の直径:cmやmm】私たちが生活している中でサイズ・長さ・直径などの単位として「インチ(inch)」を見かけますよね。 ただ日本人であればcm(センチ...

 

まとめ 55cmや56cmはどれくらい【55センチや56センチ】

ここでは、身近な物や手・指などのさっと測れるものに例えて、55cmや56cmについて解説しました。

55cmや56cmが必要となるケースは多いため、この機会に覚えておくといいです。

さまざまな「どれくらい?」を理解し、日々の生活に役立てていきましょう。