科学

2リットルは何ミリリットルで何デシリットル?何立方センチメートルでコップ何杯か?

当サイトでは記事内に広告を含みます。

日常生活において、よく単位の変換を行う場面があるでしょう。

たとえば、体積・容積の単位としてリットル(L)・ミリリットル(ml)やシーシー(cc)・デシリットル(dl)・立方センチメートル(cm3)を使用することがありますが、これらは良く変換が求められるため、処理に慣れておくといいです。

中でもここでは「2リットル」に着目して「2リットルは何ミリリットルで何デシリットル?何立方センチメートルでコップ何杯か?」という換(換算)方法・違いについて解説していきます。

2リットル(L)は何ミリリットル(ml)で何ccか?

それでは、まず2リットルが何ミリリットルか?にという変換方法を見ていきましょう。

結論からいいますと、2リットル=2000ミリリットルと換算できます。

「リットル(L)」に限らず「ミリ(m)」という接頭単位は、その後に付く単位の「1000分の1」を意味します。

よってリットルをミリリットルに直すには、逆に前の数値に×1000を行えばいいわけですね。

 

計算式

・2 × 1000 = 2000mm

となります。

ミリリットルもリットルも良く使用する単位のため、この機会に覚えておきましょう。

2リットルは何ccか?

なお2リットルは何ccか?について知りたい場合もあるでしょう。

実は1ml(ミリリットル)=1ccという関係式があるため、2リットル=2000ccとも変換できます。

 

上の関係式と1ml=1ccの変換の両方を覚えておくといいです。

 

2リットル(L)は何デシリットル(dl)か?

2リットルが何デシリットルか?という変換方法も確認します。

結論として、2リットル=20デシリットルと換算できます。

「リットル(L)」に限らず「デシ(d)」という接頭単位は、その後に付く単位の「10分の1」を意味します。

よってリットルをデシリットルに直すには、逆に前の数値に×10を行えばいいわけですね。

 

計算式

・2 × 10 = 20mm

となります。

 

2リットル(L)は何立方センチメートル(cm3)か?

2リットルが何立方センチメートル(cm3)か?という変換方法も確認します。

結論として、2リットル=2000cm3(立方センチメートル)と換算できます。

実は上の1mlと1ccだけでなく、1立方センチメートル(cm3)も全く同じ体積・容積を意味しているのです。

よって、2リットル=2000cm3(立方センチメートル)という変換式が成立します。

計算式

・2 × 1000 = 2000cm3

となります。

 

2リットル(L)はコップ何杯か?

2リットルがコップ何杯か?という変換方法も確認します。

結論として、2リットル=コップ約10杯程度と換算できます。

もちろんコップのサイズや注ぎ方によっても変化するものの、一般的なコップの体積は約200cc(200ml、200cm3)ほどです。

2L=2000mlも活用すると、

計算式

・2000 ÷ 200 = 10杯

となります。

まとめ 2リットルは何デシリットル?何立方センチメートルでコップ何杯か?

ここでは2リットルは何ミリリットルで何デシリットル?何立方センチメートルでコップ何杯か?について確認しました。

きちんとセンチ、ミリ、インチ、キロの単位換算に慣れ、日々の生活に役立てていきましょう。