生活全般

15分で話せる文字数は何文字?15分半では?【スピーチや面接】

日常生活においてスピーチ・プレゼン・面接などを行う機会がありますよね。

こんな時に「15分間で何文字くらいの文字数を話せるものなのか?」などの文字数と時間の関係を知りたいケースがあるでしょう。

そのためここでは「15分や15分半」に着目し「15分や15分半で何文字ほどの文字数を話せるか?」について解説していきますので、参考にしてみてください。

15分で文字数は何文字話せるか?【スピーチや面接やプレゼンなど】

それでは以下でスピーチやプレゼンなどで「15分で何文字話せるか?」について見ていきます。

結論からいいますと、15分間で話せる文字数は約3750~5250文字程度ですね。

ただスピーチや面接などでは「ゆっくり・堂々と話す」方が印象が良くなりやすいため、個人的には15分間で約3750文字程度の原稿を準備することがおすすめです

(アナウンサーさんなどのプロの方がニュースなどの原稿をスムーズに話す速度がおおよそ15分で4500文字(1分で300字)ほど。 スピーチなどではこれよりも遅い速度が好ましいかと)。

15分間スピーチや面接の練習をたくさんして、3750文字丁度で15分を使い切れるといいです。

もちろん15分間全て使い切り必要がある&どうしても緊張して早口になってしまう人は、4500~5250字あたりを準備しておくのもありです。

あなたにあった文字数を経験を積み、探っていきましょう。

 

15分半で何文字の文字数が話せるか?【スピーチや面接など】

今度はスピーチなどで「15分半で何文字話せるか?」について見ていきましょう。
結論からいいますと、15分半で話せる文字数は約3875~5425文字程度ですね。

単純に15分での文字数の目安量を1.033倍した数値(15.5÷15=約1.033)を使ってOKです。

15分の時と同様に「15分半」であっても、少なめの文字数の2625文字ほどがおすすめです。スピーチなどでは「ゆっくり・堂々と話す」方が好印象のためです。

15分半でのスピーチや面接の練習をたくさんして、3875文字丁度で終わるように何度も練習していきましょう。

練習を重ねることで「やれることはやった」と安心でき、本番でも実際にうまくいきやすくなりますからね。

 

まとめ 15分半で何文字話せる文字数は(スピーチや面接)?

ここでは「15分や15分半」に着目し「15分や15分半で何文字話せるか?」について確認しました。

話せる文字数と時間の関係はイメージしにくいため、この機会に覚えておくといいです。

さまざまな感覚を身に着け、日々の生活に役立てていきましょう。



↓Amazonの日用品のお買い得情報↓