科学

15分は何時間で何秒(分数や少数)?英語では何という?【10進法】

数学などで「時間」に関する計算が必要となることがあります。

特に分、時間、秒の変換が求められることが多いですね。

そんなこともあり、ここでは「15分」に着目して「15分は何時間で何秒か?」「英語では何というか?」について解説していきますので、参考にしてみてください。

15分は何時間か?【分数や少数、10進法】

それでは以下で15分が何時間なら相当するか?見ていきましょう。

結論からいいますと、15分は少数では約0.25時間、分数では1/4時間と変換することができます。

 

分から時間に換算するためには、分の前の数値を60で割ればいいです。

今回の場合では15分のため、

計算式、15 ÷ 60 = 0.25…(分数では1/4)

と求められるわけですね。

なお、分数表記では、分子と分母共に15で割ることによって、15/60→1/4と約分できますね。

計算ミスに気をつけましょう。

15分は何秒か?

今度は15分を秒に変換してみましょう。

結論から言いますと、15分は900秒と換算できます。

分から秒に直すためには、60をかければよく、

計算式、15 × 60 = 900秒

と直すことができるのです。

分から秒、時間に換算する際には「60をかけるのか、割るのか」間違わないよう気をつけるといいです♪

15分を英語で言うと?略は?

15分の英語表記についても見ていきましょう。

15分を英語でいうと

、quarter

、fifteen minutes

があります。

quarterを使う場合は、quarter past 10などで10時15分を意味します。10時を15分過ぎた時刻を表しているわけですね。

ネイティブの方は基本的に前者(quarterの表現)を良く使うため、こちらを優先的に覚えておきましょう。

15分の英語の略表記としては、

、15minutes

、15min

などが代表的です。

15と数字で書く方が簡単で書きやすいのも魅力かと。

後者の英語の略は、minutes の頭文字minを使っているのがポイントです。

まとめ 15分は何秒で何時間(分数や少数)?英語では何という?【10進法】

ここでは、15分は何時間で何秒(分数や少数)?英語では何という?について解説しました。

時間を変換する場面は良く出てくるため、この機会に覚えておくといいです。

時間に関するさまざまな知識を身につけ、日々の生活に役立てていきましょう。

 



↓Amazonの日用品のお買い得情報↓