科学

0.7の分数やパーセントは?逆数や2進数表記も解説

数学やプログラミングを学んでいる中で「少数の0.7」を見かけることがあるでしょう。

ただ、この少数計算の扱いはややこしく、パッと処理できない場合が多いです。

そんなこともあり、ここでは「0.7」に着目して「0.7を分数やパーセント(百分率)や割合で表すと?0.7の逆数や2進数表記は?」などについて解説していきます。

0.7の分数は?

それではまず少数の0.7を分数で表して見ましょう。

結論として0.7=7/10(10分の7)です。

少数から分数に変換する際には、小数点以下の数値(ここでは70)をそれより1桁大きい、先頭1で後に0が続いた数値(ここでは100)で割れば処理できるのです。

計算式、70 ÷ 100= 70/100 =7/10

といった具合ですね。

 

0.7をパーセント(百分率)に変換すると?

さらには、少数の0.7をパーセント(百分率)で表したいこともあるでしょう。

結論としては0.7=70パーセントです。

パーセント計算では、元の数値に×100をするといいです。

具体的には

計算式、0.7 × 100 = 70パーセント

と変換できるわけですね。

割合では、7割ともいえますね。

 

0.7の逆数は?

続いて0.7の逆数も確認します。

結論として0.7の逆数=1.428…、分数では10/7です。

逆数の定義として「1÷元の数」とすればよく

計算式、1 ÷ 0.7 = 1.428…と変換できるわけですね。

分数に着目しても処理しやすく、分子と分母を入れ替えたものが逆数(10/7=つまり1と3/7)ともいえます。

0.7を2進数で表すと?

続いて0.7の2進数表記も確認します。

結論として0.7の2進数=0.101100110011001… (2)と最初のみ1011の後、0011をくり返す循環少数となります。

2進法では、小数点第一位が10進数の0.5、小数点第二位が0.25、少数第三位が0.125…を表しています。

これらから、上のような複雑な数値が0.7の2進数表記となるのです。

なお、近い数値の

・0.125の分数やパーセントや逆数や2進数表記はこちら

で解説していますので、併せてチェックしてみてくださいね♪

まとめ 0.7のパーセントや逆数や2進数表記を解説

ここでは0.7に着目して、0.7の分数やパーセントは?逆数や2進数表記について、解説しました。

0.7などの少数計算は頻出のため、この機会に覚えておくといいです。

さまざまな計算に慣れ、日々の生活に役立てていきましょう。