JIN Demo Site 11
真の使いやすさを追求した
WPテーマ『JIN』
世界の情報

イタリアと日本の時差は何時間?アメリカとの時差は?夏時間(サマータイム)では?イタリアで10時・9時は日本で何時か?【時差表も】

イタリアといえばファッションの国、芸術の国というイメージがありますよね。

上のようにイタリアに対するざっくりとしたイメージはできるものの、そのイタリアと日本やアメリカの時差はどの程度なのか?などの具体的な情報について知らない人が多いでしょう。

ここでは、このイタリアと日本・アメリカ(ニューヨーク)の時差についてサマータイム(夏時間)か冬時間かによってまとめていきますので、ぜひ参考にしてみてください

 

イタリアと日本の時差は何時間?夏時間(サマータイム)では?イタリアで10時・9時は日本で何時か?【時差表も】

それではまずイタリアと日本の時差は何時間かについて確認していきます。

なおサマータイム(夏時間)かどうかでその時差も変化し、

・サマータイム(約3月下旬~10月下旬)では、日本(東京)はイタリアよりも約7時間ほど進んでいる状態(時差が7時間)

・サマータイム以外(約11月初旬~3月下旬)では、日本(東京)はイタリアよりも約8時間ほど進んでいる状態(時差が8時間)

となります。

つまりサマータイム時にて、イタリアである日の9時amであれば、日本では同日の16時ほどになっているわけです。

同様にイタリアにおいて10時amであれば、日本では同日の17時となっているといえますね。

 

一方でサマータイム(夏時間)以外では、イタリアである日の9時amであれば、日本では同日の17時ほどになっているわけです。

同様にサマータイム(夏時間)以外では、イタリアである日の10時amであれば、日本では18時ほどになっているわけです。

 

日本は世界的にも時刻が進んでいる国のため、多くの国との比較では日本の方が進んでいる状況になることが多いと覚えておきましょう。

 

イタリアと日本の時差表のまとめ【夏時間と冬時間】

なお、イタリアと日本の時差表についても夏時間、冬時間にて整理していますので、併せて確認してみてくださいね。

 

・サマータイム(夏時間)の場合

イタリア 日本
X日0時 X日7時
X日1時 X日8時
X日2時 X日9時
X日3時 X日10時
X日4時 X日11時
X日5時 X日12時
X日6時 X日13時
X日7時 X日14時
X日8時 X日15時
X日9時 X日16時
X日10時 X日17時
X日11時 X日18時
X日12時 X日19時
X日13時 X日20時
X日14時 X日21時
X日15時 X日22時
X日16時 X日23時
X日17時 X日24時
X日18時 X+1日1時
X日19時 X+1日2時
X日20時 X+1日3時
X日21時 X+1日4時
X日22時 X+1日5時
X日23時 X+1日6時
X日24時 X+1日7時

 

以下は図として出力していますので、活用してみてくださいね。

 

・冬時間(サマータイム以外の場合)

さらにはサマータイム以外の場合のイタリアと日本の時差表も記載します。

イタリア 日本
X日0時 X日8時
X日1時 X日9時
X日2時 X日10時
X日3時 X日11時
X日4時 X日12時
X日5時 X日13時
X日6時 X日14時
X日7時 X日15時
X日8時 X日16時
X日9時 X日17時
X日10時 X日18時
X日11時 X日19時
X日12時 X日20時
X日13時 X日21時
X日14時 X日22時
X日15時 X日23時
X日16時 X日24時
X日17時 X+1日1時
X日18時 X+1日2時
X日19時 X+1日3時
X日20時 X+1日4時
X日21時 X+1日5時
X日22時 X+1日6時
X日23時 X+1日7時
X日24時 X+1日8時

 

以下はサマータイム以外の時間帯(冬時間)における、イタリアと日本の時差表です。

 

アメリカ合衆国(ニューヨーク)とイタリアの時差は何時間?夏時間(サマータイム)は?ニューヨークで9時・10時はイタリアで何時か?【時差表も】

さらには、アメリカ合衆国(ニューヨーク)とイタリアの時差は何時間かについて確認していきます。

なおアメリカ合衆国では導入のない州もありますが、ニューヨークとイタリアはどちらもサマータイム(夏時間)を導入しています。そのためサマータイム期間であっても時差の変化はありません。

サマータイムは日の長い夏の期間の日光を有効活用し、時間を1時間早めて電気を節約するという目的で導入されています。国や年によって期間は異なりますが、2021年のアメリカ・イタリアの両国の期間は約3月中旬~11月初旬の間となります。

そのため1年を通して、イタリアはアメリカ合衆国(ニューヨーク)よりも6時間進んでいる状態(時差が6時間)となります。

つまり、サマータイムの期間であっても、サマータイム以外の期間より時間を1時間進めてはいますが、アメリカ合衆国(ニューヨーク)である日の9時amであれば、イタリアでは同日の15時になっているわけです。

同様にアメリカ合衆国(ニューヨーク)において10時amであれば、イタリアでは同日の16時となっているといえますね。

 

アメリカ合衆国(ニューヨーク)とイタリアの時差表のまとめ

なお、ニューヨークとイタリアの時差表をつけています。サマータイムでも時差には違いはないですので、サマータイム期間を意識しなくても同じ表を使えます。ぜひご参考にしてみてください。

 

・時差

アメリカ合衆国(ニューヨーク) イタリア
X日0時 X日6時
X日1時 X日7時
X日2時 X日8時
X日3時 X日9時
X日4時 X日10時
X日5時 X日11時
X日6時 X日12時
X日7時 X日13時
X日8時 X日14時
X日9時 X日15時
X日10時 X日16時
X日11時 X日17時
X日12時 X日18時
X日13時 X日19時
X日14時 X日20時
X日15時 X日21時
X日16時 X日22時
X日17時 X日23時
X日18時 X日24時
X日19時 X+1日1時
X日20時 X+1日2時
X日21時 X+1日3時
X日22時 X+1日4時
X日23時 X+1日5時
X日24時 X+1日6時

 

以下は図として出力していますので、活用してみてくださいね。