Excel

【Excel】エクセルにて重複を削除し1つだけ表示(まとめる:集計)する方法【2つ目以降を削除:非表示】

この記事では「エクセルにて重複を削除し1つだけ表示(まとめる:集計)する方法」について解説していきます。

重複を削除し1つだけ表示する方法としては、「データツール」の「重複の削除」を使うと良いです。

それでは実際のサンプルを用いて見ていきましょう。

エクセルにて重複を削除し1つだけ表示(まとめる:集計)する方法【1列:2つ目以降を削除】

エクセルにて重複を削除し1つだけ表示(まとめる:集計)する方法は、「データツール」の「重複の削除」を使うといいです。

ここでは、A列(セルA2~A11)の色の重複を削除し、1つだけ表示(2つ目以降を削除)させるものとします。

 

まずは、A列を選択します。

「データツール」の「重複の削除」を選択し、表示されるウィンドウにて「先頭行をデータの見出しとして使用する」にチェックを入れます。

続いて「OK」を押しましょう。

この操作のみで、A列(セルA2~A11)の色の重複を削除し、1つだけ表示させる事ができました。

2つ目以降の重複を削除したいケースで使っていきましょう。

 

エクセルにて重複を削除し1つだけ表示(まとめる:集計)する方法【2列:2つ目以降を削除】

次に、複数列(今回は2列)での重複を削除し1つだけ表示(まとめる:集計)する方法について説明いたします。この場合も、「データツール」の「重複の削除」を使うといいです。

ここでは、A列(色)とB列(個数)を組み合わせた表について、A列(色)の重複を削除し、1つだけ表示させるものとします。

 

 

A列、B列を選択します。

「データツール」の「重複の削除」を選択し「先頭行をデータの見出しとして使用する」にチェックを入れます。

「個数」のチェックを外し「OK」を押します。

A列(色)とB列(個数)を組み合わせた表について、A列(色)の重複を削除し、1つだけ表示させる事ができました。

まとめ エクセルにて重複を削除し1つだけにまとめる(集計)する方法

この記事では「エクセルにて重複を削除し1つだけ表示(まとめる:集計)する方法」について解説しました。

重複を削除し1つだけ表示する方法としては、「データツール」の「重複の削除」を使うとうまく変換できます。

エクセルでのさまざまな処理を理解し、業務に役立てていきましょう。



↓エクセル初心者~中級者に最もおすすめの本↓

一連の操作がかなり詳しく学べる一冊

created by Rinker
¥1,584 (2022/09/26 16:47:19時点 Amazon調べ-詳細)