Excel

【Excel】エクセルでの平均のショートカット【AVERAGE関数を挿入するショートカットキー:windows】

この記事では「エクセルにてAVERAGE関数を挿入するショートカットキー」について解説していきます。

これらの処理としては

・windows:【Alt】→【M】→【U】→【A】

を使うと良く、実際のサンプルを用いて見ていきましょう。

エクセルでの平均のショートカットキー【AVERAGE関数を挿入するショートカット】

それでは以下のサンプルを用いて、エクセルにてショートカットを使用してAVERAGE関数を挿入する方法について見ていきます。

今回はサンプルシートの表の平均値を計算するAVERAGE関数を挿入してみましょう。

まず、AVERAGE関数を挿入するセルを選択します。今回は、F5セルを選択しましょう。

上述のようにAVERAGE関数を挿入するセルを選択した状態で

・windows:【Alt】→【M】→【U】→【A】

と、キーボードを打てばOKです。

すると、F5セルにAVERAGE関数が挿入され、計算対象が自動設定された状態になります。

Enterキーを押すとC5からE5セルの値の平均値がF5セルに表示されます。

なお、計算対象が自動設定されない場合、例えばサンプルシートのC5からE7セルの9つの値の平均値をF8セルに表示したいときなどは、F8セルを選択した状態で、同様にショートカットキーを打つと、AVERAGE関数は挿入されますが、計算対象は未設定です。

その場合は、計算対象を指定してください。今回は、C5からE7セルを指定します。

あとは、計算対象が自動設定されたときと同様に、Enterキーを押すとC5からE7セルの値の平均値がF8セルに表示されます。

他に、計算対象が自動設定されるようなセルの場合、AVERAGE関数を挿入するセルを複数まとめて指定することもできます。

今回は、サンプルシートのF5からF7セルを選択します。

上述のようにセルを選択した状態で、同様にショートカットキーを打つと、選択した各セルにAVERAGE関数が挿入され、平均値が表示されます。

これだけでショートカットを用いて、AVERAGE関数を挿入することができました。

平均のショートカットを使用すると、通常の操作よりも効率的に処理できるため、身に着けておくことがおすすめです(^^)/

再度記載しますが

・windows:【Alt】→【M】→【U】→【A】

がAVERAGE関数を挿入するショートカットキーです。

 

【Alt】→【M】→【U】→【A】の流れの詳細

上で各キーを押す際の、詳しい流れも確認しておきます。

【Alt】キーを押すと、以下のようなウィンドウに切り替わります。

ここで数式に当たる【M】キーを選ぶわけです。

次に、オートSUMのキー【U】を押します。

さらに、平均のキー【A】を押します。

すると、上でも記載の以下のような状況になるのです。

後はEnterキーを押せばOKですね。

 

なお、

エクセルにおけるSUM関数のショートカットはこちら

・エクセルでの平均に関する処理のまとめはこちら

で解説していますので、参考にしてみてください。

 

まとめ エクセルでの平均のショートカットキー【AVERAGE関数を挿入する】

この記事では「エクセルにてAVERAGE関数を挿入するショートカット」について解説しました。

ショートカットキーでAVERAGE関数を挿入するには

・windows:【Alt】→【M】→【U】→【A】

を活用するといいです。

エクセルでのさまざまな処理を理解し、業務に役立てていきましょう。



↓エクセル初心者~中級者に最もおすすめの本↓

一連の操作がかなり詳しく学べる一冊