Excel

【Excel】エクセルでのファイルを開く(既存の)、新規作成のショートカット【既存のファイルを開く、新規作成するショートカットキー:windowsとmac】

この記事では「エクセルにて既存のファイルを開く、空白ブックを新規作成するショートカットキー」について解説していきます。

これらの処理としては

既存のファイルを開く

・windows:【Ctrl】+【O】

・mac:【⌘】+【O】

空白ブックを新規作成する

・windows:【Ctrl】+【N】

・mac:【⌘】+【N】

を使うと良く、実際のサンプルを用いて見ていきましょう。

エクセルでのファイルを開く(既存や新規作成)のショートカットキー【既存のファイルを開く、新規作成するショートカット】

それでは以下のサンプルを用いて、エクセルにてショートカットを使用して既存のファイルを開く、空白ブックを新規作成する方法について見ていきます。

今回はサンプルブックを開いた状態から、既存の“sample.xlsx“を開き、空白ブックを新規作成しましょう。

はじめに、既存のファイル“sample.xlsx“を開いてみましょう。

上述のようにサンプルブックを開いた状態で

・windows:【Ctrl】+【O】

・mac:【⌘】+【O】

と、キーボードを打てばOKです。

すると以下のように、開く のウィンドウが出ます。

ここでは、最近使ったアイテムから“sample.xlsx”を選択しましょう。

“sample.xlsx”ファイルが表示されます。

 

エクセルでの新規作成のショートカットキー

続いて、ショートカットキーを使用して、空白ブックを新規作成します。

サンプルブックを開いた状態で

・windows:【Ctrl】+【N】

・mac:【⌘】+【N】

と、キーボードを打てばOKです。

すると以下のように、空白ブックが新規作成されます。

これだけでショートカットを用いて、既存のファイルを開く、空白ブックを新規作成することができました。

ファイルを開く(既存の)、新規作成のショートカットを使用すると、通常の操作よりも効率的に処理できるため、身に着けておくことがおすすめです(^^)/

再度記載しますが

既存のファイルを開くのショートカット

・windows:【Ctrl】+【O】

・mac:【⌘】+【O】

空白ブックを新規作成するのショートカット

・windows:【Ctrl】+【N】

・mac:【⌘】+【N】

です。

 

まとめ エクセルでのファイルを開く(既存の)、新規作成のショートカットキー【既存のファイルを開く、新規作成する】

この記事では「エクセルにて既存のファイルを開く、空白ブックを新規作成するショートカット」について解説しました。

ショートカットキーで既存のファイルを開く、空白ブックを新規作成するには

既存のファイルを開く

・windows:【Ctrl】+【O】

・mac:【⌘】+【O】

 

空白ブックを新規作成する

・windows:【Ctrl】+【N】

・mac:【⌘】+【N】

を活用するといいです。

 

エクセルでのさまざまな処理を理解し、業務に役立てていきましょう。



↓エクセル初心者~中級者に最もおすすめの本↓

一連の操作がかなり詳しく学べる一冊