アドセンスで稼ぐには外注化を絶対した方が楽!メリット・デメリットを解説!

外注化

アドセンスでの収益化を大きくするには、基本的にアクセス数を上げていく必要があります。

そしてアクセス数上昇には「適切なキーワード選定」「その選定を元にした記事数を増やすこと」が必須となるわけです。

初期のころは上位表示できるためのスキル(キーワード選定・記事作成)を身に着けるため自分自身で記事を書くことをおすすめしますが、ある程度慣れてきたら「外注化する」といいです。

私自身も外注化を取り入れるまでは「外注化すると色々めんどくさそう」と感じ、2年程やろうと思いつつもできていませんでした。

ただ外注化教材を購入し、実践してみたところ「月200記事ペースでの記事作成など圧倒的に効率が上げる」「自分で記事を書くストレスをかなり軽くできた」経験から、できるだけ早い段階で外注化も組み込んでいくといいと感じています。

もちろん外注化も軌道に乗るまではもちろん大変と感じる部分はありましたが、軌道に乗せたら本気で楽です。現在の副業・テレワークの加速の風潮の流れもあり、外注化費用もとんでもなく安く済ますこともこともできますし・・。

ここではこの外注化に関する内容として「アドセンスと外注化は相性が抜群にいい」「外注化のメリット・デメリット」について確認していきます。

アドセンスと外注化は相性が抜群にいい理由

まずはアドセンスと外注化の愛称が抜群にいい理由について説明していきます。

もちろん一言で「アドセンスで稼ぐ」といっても戦略は多岐にわたるわけですが、当サイトでおすすめしている「ライバルが弱いキーワードのみの選定&記事の量産」で収益化する戦略の場合、外注化することでかなり効率化できます。

これはライバルが弱いキーワードを選定をしておけば、記事の質がそれほど高くなくても上位表示させやすいためです。

つまり外注さんに記事作成を依頼する場合に「そこまで記事の質を求めていない」ため、ライティング能力が極めて高い・SEO対策もできる外注さんを探す必要がなくなるのです。

もちろんある程度のライティング能力がある方を選別させていただく必要はでてきますが「極めて優秀」である必要はなく「普通~やや優秀」であればいいので、アウトソーシングを通して募集をかければかなりの人数を採用できるわけです。

さらに、記事のみの外注だけではなく、上のキーワード選定を行ってくれる外注さんも探していけば、さらに効率が増すことがわかるでしょう。

私自身も実際に外注化しており(主に記事作成の依頼)効率がかなり上がっています。なお、外注さんが記事を書いてくれることによって「自分で記事を書かなくて済む」とストレスを大きく減らせるのが本当にうれしいですね。

後に詳しく解説しますが「会社員の副業」「主婦の方」などと時間や体力がかなり限られている中でアドセンスに取り組む方は外注化した方が「本気で楽になる」といえます。

時代も後押ししてくれている

なお時代が

 

 

外注化のメリット・デメリット

このように個人的には外注化(特に記事)をおすすめしているわけですが、メリットだけでなくデメリットもあります。

特にメリットよりもデメリットの方が強く感じる人であれば外注化しなくてもいいですし、するとしてもその額・割合を減らしていけばいいわけです。

以下で外注化(記事)のメリット・デメリットを記載していますので、参考にしてみてくださいね。

メリット

上で外注化×アドセンスのメリットを記載していますが、改めて簡潔にまとめておきます。

・当サイトの戦略にてアドセンスで稼ぐにはそこまで記事の質を求められないので、多くの外注ライターさんが簡単に見つかる(かつ安く発注できる)
・記事作成の効率化(≒収益向上の効率化)
・自分で書かなくていいのでストレスを大きく減らせる

ことが挙げられます。

 

デメリット

一方で外注化のデメリットは以下のようなものが挙げられます。

・安くできるとしてもある程度の出費(1000円~)が必要となる
・すぐにあなたが望むレベル・ジャンルのライターさんが見つかるとは限らない
・外注さんとのやりとりにストレスを感じることがある

などです。

一つずつ掘り下げてみていきましょう。

安くできるとしてもある程度の出費が必要となる

私の場合は主にアウトソーシング(クラウドワークス)を利用し記事の外注化をしていますが、当然ながら費用がかかります。

このことにストレスを感じるのであれば、まだあなたは外注化する段階にきていないのかもしれません。

ただ、ブログ運営にはサーバー代、ドメイン代などと少額の出費が必須なわけですが、外注の量を減らせばそれに近い額で外注費を抑えることもできます。要は外注化もやり方次第であり、あなた自身が許容できる費用内でしていくといいです。

あなたが外注化するメリットを味わいたいと強く感じた時に、ぜひチャレンジしてみましょう。

すぐにあなたが望むレベル・ジャンルのライターさんが見つかるとは限らない

 

外注さんとのやりとりにストレスを感じることがある

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました