JIN Demo Site 11
真の使いやすさを追求した
WPテーマ『JIN』
アドセンス審査・規約

アドセンスでスポンサーリンクは必要・いらない?スポンサードリンクとの違い

Google Adsense(グーグルアドセンス)の審査に合格できると嬉しいものですよね。

アドセンス審査を通過したからには、ブログ運営を継続しアドセンスにて大きく稼いでいきましょう。

この時規約違反には注意すべきなのですが、判断が難しいものに「アドセンス広告の周りにスポンサーリンクの表記は必要か・いらないか」があります。

実は

・アドセンスでは基本的にスポンサーリンクは必要ではない(表示しなくてもいい)

・ただ状況によっては書いておくべき

といえます。

ここではこの「アドセンスではスポンサーリンクが必要かどうかの詳細」や「小ネタとしてスポンサーリンクとスポンサードリンクの違い」についても解説していきます。

グーグルアドセンスではスポンサーリンクは基本的に必要ではない(表示しなくていい)

既にお伝えの通りアドセンス広告を表示する周りにスポンサーリンクを表示させることは絶対に必要なわけではありません。

つまり基本的にはスポンサーリンクと入れなくてもいいのです。

おそらく

・皆が「広告」や「スポンサーリンク」とアドセンス広告周りに入れていたり

・各ワードプレスのテーマの初期設定としてこれらが表示される設定になったりしている

ため、スポンサーリンクの表示が絶対に必要なものと勘違いしている人が多いわけです。

もちろんあってもいいですが、見栄え的に「スポンサーリンクはいらない」と感じているのであれば外してもOKです。

 

 

スポンサーリンクが必要なケースもあり

しかしながら「スポンサーリンク」や「広告」といった表示を入れた方がいいようなケースもあります。

それは近くに

・アドセンス広告と同じようにクリックなどの操作をするもの

・アドセンス広告と似たような表示になるもの

がある場合です。

具体的に見ていきましょう。

リンクが近い位置にある場合

スポンサーリンクが必要なケースの1つとして、リンク(外部リンク・内部リンク問わず)がある場合が挙げられます。

以下のようなイメージです。

各リンクがアドセンス周りに設置されていると、どうしても「リンクをクリックしようしたときに近くにあるアドセンス広告の方をクリックする可能性がある」といえます。

グーグルアドセンスの規約としてはこのような「誤クリックを誘発するような構成の記事はNG」としており、これに該当するリスクがあるわけです。

 

特にテキストリンクでなく、ブログカードやボタンリンクや画像リンクではその見た目もアドセンス広告と似てくるので注意しましょう。

あまりにも量が多いとアドセンス広告の制限・停止やアカウント削除等が起こる場合もありますね。

このような事態にならないための防止策として「リンク周りにアドセンス広告を設置する場合にはスポンサーリンクの表示は必要」なのです。

特に最近のテーマで本文が終わった下の位置に関連記事が表示されるものがほとんどですが、この付近では距離が近くなりやすいですよね。なのでこのような場所にアドセンスを入れている人であればスポンサーリンクは入れた方がいいです。

これはグーグルも明記しています。

どうしても表示したくない場合には、アドセンス広告とリンクの間隔を十分に開けるように意識しましょう。

もしくは上のような可能性をいちいち考えたくないのであれば、アドセンス周りのすべてにスポンサーリンクを入れておくのも1つの手です。

ちなみに私もすべてにいれています・・・

 

Youtubeやスクリプトなどのボタン周りにもスポンサーリンクは入れるべき

他にも

・Youtube
・計算サイトでのスクリプト実行ボタン

などのボタンをクリックするものがアドセンス近くにある場合でもスポンサーリンクは必要ですね。

理由は上と同じで、ボタンを押そうとしたときに「誤ってグーグルアドセンス広告をクリックする」恐れがあるためです。

結局のところ「間違ってアドセンスをクリックしそうだな」と感じるものがあればスポンサーリンクを入れておけばOKといえるでしょう(もしくは距離をあける)。

 

スポンサーリンクが必要か・いらないか迷いたくないならすべてに表示すべき

ただアドセンスと誤クリックをしてしまうものが近くにあるかどうかをすべて確認していくのは意外と大変です。

「確認もれ」もあればアドセンスとの距離が近いものもどこかに出てくるでしょう。

なので個人的にはスポンサーリンクはアドセンス周りにすべて表示しておくのがおすすめです。

有名なテーマであれば標準機能で一発ですべてにスポンサーリンクを入れられますしね。

例えば私が愛用させていただいているCocoonであればワードプレスでの左のバーのCocoon設定→Cocoon設定をまず選びます。

さらには広告のタブを選択後、広告設定の広告ラベルにて「スポンサーリンク」と入れるだけで完了です。

です。

他のテーマでも基本的に近い処理で済みますので各自対応してみてください。

自動広告ではスポンサーリンクの表示は必要なし

なおアドセンスの自動広告のみを設定している場合であれば、スポンサーリンクの表示は必要なしです。

というか勝手に広告が出てきますので設定しようがないと思います。びっくりするような位置にアドセンスが出てる時もあります笑。

グーグル側が位置を指定して自動で表示させていることもあり、ここは気にしなくてOKです。

 

スポンサーリンクとスポンサードリンクの違い

なおスポンサーリンクではなく、似た言葉のスポンサードリンクと記載するのか迷ったことはないでしょうか。

結論からいいますと

・スポンサーリンクが正解でスポンサードリンクはNG

です。

これはグーグルアドセンスのヘルプにてラベルの表示は「広告」か「スポンサーリンク」のみOKで他はダメと言っているためです。

https://support.google.com/adsense/answer/4533986?hl=jaより引用

 

まとめ スポンサーリンクとスポンサードリンクのどちらがいい?

ここでは、